Sony Park展 「⑤半導体は、SFだ。」 with YOASOBI

Sony Park展
大正浪漫

YOASOBIの新曲「大正浪漫」の "時空を超えた文通の世界" に入り込む

Ginza Sony Parkは、電子の眼とも言えるソニーの半導体(センサー)は、様々な人の想像性や空想を現実のものへと進化させる存在だと考え、「半導体は、SFだ。」というテーマを掲げました。

また、"小説を音楽にする"というYOASOBIのコンセプトの通り、様々なジャンルの小説がAyaseとikuraというセンサーを通り、時代性をまとった音楽となって、たくさんの人たちの心を震わせています。そのプロセスで起きている、物語と音楽の化学反応も、とてもSF的であると考えました。

今回、半導体とYOASOBI、遠いようで近いこの二つが交わり、2021年9月15日(水)に配信リリースされる新曲「大正浪漫」の世界に入り込む新たな体験を創造します。この楽曲の原作小説は、現代に生きる主人公・時翔と100年前の大正時代を生きる千代子との、時代を越えた"文通"から繰り広げられる、切なくも美しい恋模様が描かれた作品です。本展のメインとなる「大正浪漫 -NOVEL INTO MUSIC-」では、ふたりの文通をモチーフにしたオリジナルアニメーションなどで、原作小説の物語や楽曲の世界観を体験いただきます。さらに、小さな箱の中に小説本が浮かぶ、特別なメガネなどを使わずに立体的な映像で見られる「夜遊ノ箱庭」もお楽しみいただけます。

配信リリースに先駆けて、「大正浪漫」のフルバージョンの楽曲とともに、原作ストーリーの切なく美しい世界を、少し不思議な体験で楽しんでいただければと思います。

期間: 2021.9.2 - 9.13

時間: 11:00 - 19:00 ※2021.9.2は12:00~16:30

場所: PARK B2 / 地下2階

料金:入場無料、事前予約制 (先着順) 予約枠に空きがある場合は、当日でもご予約可能です。

#半導体はSFだ #sonypark展

※本プログラムは終了しました。

FAQ(よくある質問)はこちら

Go To Instagram
Go To Instagram
Go To Instagram
Go To Instagram

半導体は、SFだ。

「未来は、すでにここにある。

ただ、それがまだ均等に⾏き渡っていないだけだ。」

そう語ったのは、SF作家であるウィリアム・ギブスン。

ソニーの半導体によって進化した、
⾃律型エンタテインメントロボット"aibo"や、
新たなモビリティの試作⾞"VISION-S Prototype"。

まさにギブスンが描くSFのように、
ソニーの半導体は、今ここにある未来を、様々な⼈の想像性を、
空想ではなく、現実のものへと進化させてきました。

空想を現実にする新しいテクノロジーは、
新たなコミュニティを創発します。

テクノロジーは、どんな新しい体験を⽣み出せるのか。

Ginza Sony Parkが空想するSF体験を、ぜひお楽しみください。

Ginza Sony Park

YOASOBI コメント

僕たちYOASOBIの音楽の真ん中には、いつも物語があります。物語と音楽の結び付き、そこから生まれる奥行き。そんな立体的な世界観を、今回の展示を通してまた新しい角度から楽しんでもらえると嬉しいです。 ― Ayase

「大正浪漫」の物語で紡がれる、時空を超えた愛の形。声をのせるとき、主人公の、会うことのできない大切な人への想いを心に灯して歌いました。そんな思いも含め、今回の展示を通じてYOASOBIに触れてくださった皆さんの、心に残る作品となれたら嬉しいです。 ― ikura

  • ALL
  • オンライン

展示概要

様々なジャンルの小説が、YOASOBIというセンサーを通って時代性をまとった音楽となり、たくさんの人たちの心を震わせるという "物語と音楽の化学反応" は、様々な人の想像性や空想を現実のものへと進化させ続けるソニーの半導体と同様に、とてもSF的でもある、とGinza Sony Parkは考えました。

今回の「⑤半導体は、SFだ。」では、2021年9月15日(水)に配信スタートするYOASOBIの新曲「大正浪漫」の世界に入り込むような少し不思議な新たな体験を、リリースに先駆けてお楽しみいただきます。

大正浪漫 -NOVEL INTO MUSIC -

現場写真
現場写真
現場写真
現場写真

新曲「大正浪漫」は、昨年2020年7月に開催された原作募集コンテスト「夜遊びコンテストvol.2」にて、2,086作の投稿の中から大賞を受賞した小説『大正ロマンス』(NATSUMI 著)を原作に制作された楽曲です。この小説は、現代に生きる主人公・時翔と100年前の大正時代を生きる千代子との、時代を越えた"文通"から繰り広げられる、切なくも美しい恋模様を描いた物語となっています。

「大正浪漫」の楽曲とともに、この原作の世界を体験いただく「大正浪漫 -NOVEL INTO MUSIC-」のメインとなるのは、会場に準備した特別な「電灯」で来場者が壁面を照らすことで影絵のアニメーションが浮かび上がる、インタラクティブな映像体験です。アニメーションは、原作小説のストーリーをベースにしたもので、来場者が、時翔と千代子の文通のやりとりを覗き見るというインタラクティブな映像体験になります。

ミュージックビデオとは、ひと味違った映像体験を通して、ふたりの文通の物語や楽曲の世界観をお楽しみください。

また、小説がプリントされたオリジナルポスターをお持ち帰りいただくこともできます。

現場写真

夜遊ノ箱庭

ソニーの⾼精細な空間再現ディスプレイ (Spatial Reality Display) を用いて、空間の中に3DCGで再現した小説が出現。箱庭のような小さな世界が、ディスプレイの中に広がります。

アイトラッキングで体験者の視点に追従し、小説のページがめくられたり、文字が浮かび上がるなど、あたかもそこに物が実在するかのような空間映像体験をお楽しみいただきます。

箱庭

「大正浪漫」楽曲情報

配信日

2021年9月15日(水)配信リリース

作詞・作曲・編曲

Ayase

歌唱

ikura

原作

「大正ロマンス」「大正浪漫」(NATSUMI 著)

https://monogatary.com/story/78167

「大正浪漫」書籍情報

タイトル

大正浪漫 YOASOBI『大正浪漫』原作小説

発売日

2021年9月16日

作者

NATSUMI

予価

限定版 2,970円 (本体+税)  通常版 1,485円 (本体+税)

出版社

双葉社

「大正ロマンス」「大正浪漫」(NATSUMI 著)

YOASOBI プロフィール

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は2020年12月にストリーミング再生4億回を突破し、Billboard Japan 総合ソングチャート"HOT100"にて2020年年間1位を獲得。2021年1月6日に満を持して初のCD『THE BOOK』をリリース。豪華な仕様が大いに話題を呼び、オリコンデイリーランキング初登場2位を記録しながら、配信では全ての楽曲がApple Musicストリーミングチャートで15位以内に同時ランクインするという快挙を達成。立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得。2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催し、同時視聴者数4万人を記録する盛り上がりを見せた。原作小説の書籍化や映画化など、音楽以外の領域にも展開の幅を広げている。原作小説の書籍化や映画化など、音楽以外の領域にも展開の幅を広げている。

オンラインコンテンツ

さまざまな事情でご来園いただけないお客様にも、バーチャルでのウォークスルー体験や、アーティストが出演するオンラインコンテンツをお楽しみいただける特設サイトを公開します。

・VIRTUAL TOUR (バーチャルツアー)

遠隔地からでも楽しめる『Sony Park展』会場のウォークスルー体験を提供します。

・内覧・インタビュー動画

YOASOBIが会場を内覧、展示を楽しむ様子と特別インタビューを収めた動画を公開します。

Sony Park展 概要

Sony Park展 「⑤半導体は、SFだ。」 with YOASOBI 概要

期間

2021年9月2日(木)~9月13日(月) 11:00~19:00

※初日9月2日(木)のみ 12:00~16:30

※本プログラムは終了しました。

場所 PARK B2 / 地下2階
料金

入場無料、事前予約制 (先着順) 予約枠に空きがある場合は、当日でもご予約可能です。

ハッシュタグ

#半導体はSFだ #sonypark展