Park College 「哲GAKU」 Archives

Park Collegeでは、新たな連続講座「中西哲生の哲GAKU」をオンラインでスタートしました (毎月14日開催、全12回予定、無料)。 スポーツジャーナリストでパーソナルコーチも務める中西哲生が独自に構築したサッカー技術理論「中西メソッド」は、長友佑都、久保建英、中井卓大など日本のトッププレイヤーたちが実践して成果をあげていることで、あらためて注目を集めています。しかし、このメソッドが、ピアニスト・脳科学・数学・音楽・料理・建築・寺社仏閣など異業種や日本文化からも着想を得ていることは、まだあまり知られていません。この連続講座「哲GAKU」では、さまざまな分野の専門家をゲストとして迎え、その功績の秘密を言語化し、「中西メソッド」のさらなるアップデートを図っていきます。

講座の内容を凝縮したライブレポートもどうぞお楽しみください。

Park College #09 (2020/10/14(水)開催)

哲GAKU 第2回「中西メソッド×勝負脳の鍛え方」

「勝負脳の鍛え方」の著書を持つ、脳外科医の林成之をゲストに迎えて、実施されました。「ボールが止まって見える」と話した野球選手 川上哲治は、股関節でボールを見ていた!? 股関節と脳の関係とは・・・。脳や記憶の仕組みを紐解くだけでなく、スポーツや仕事、生活における脳の活用方法も学べるお話が聞けました。

Park College #08 (2020/9/14(月)開催)

哲GAKU 第1回「中西メソッド×ミュージシャンを科学する」

「ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム」などの著書を持つ、演奏科学者でSony PCLリサーチャーの古屋晋一をゲストに迎えて、実施されました。なぜ久保選手はドリブルのときに指を開いているのか…、そんなお話も聞けました。

中西メソッド

「中西メソッド」とは、現在スペインで活躍する久保建英、中井卓大、など日本のトッププレイヤーたちも実践する、中西哲生が独自で構築した、欧米人とは異なる日本人の身体的な特長を活かし武器にするためのサッカー技術理論。中西哲生が、世界の一流選手のプレーを間近で見てきた中で、欧米人と日本人の姿勢やプレーのフォームの違いに着目。中村俊輔への技術レクチャーを始めたことで、「日本人の骨格、重心の位置に着目し、より日本人に合ったフォームを構築できれば、日本人はもっと伸びるに違いない」という考えから生まれたメソッドである。

中西哲生 プロフィール

スポーツジャーナリスト/パーソナルコーチ。現役時代は名古屋グランパス、川崎フロンターレでプレイ。現在は日本サッカー協会参与、川崎フロンターレクラブ特命大使、出雲観光大使などを務める。TBS『サンデーモーニング』、テレビ朝日『Get Sports』のコメンテーター。TOKYO FM『TOKYO TEPPAN FRIDAY』ラジオパーソナリティ。サッカー選手のパーソナルコーチとしては、当時インテルに所属していた長友佑都を担当することから始まり、現在は永里優季、久保建英、中井卓大、斉藤光毅などを指導している。