Silence Park curated by Shuta HasunumaSilence Park curated by Shuta Hasunuma
A part of the music of Silence Park is available on this website.
Please be careful with the sound volume.
このサイトではSilence Parkの音楽を一部ご視聴いただけます。
スピーカーなどの音量にご注意ください。
Sound OffSound On

Silence Park

Environmental sounds recorded around the world will be installed in Ginza Sony Park.

Since the outbreak of COVID-19, people’s travel has been restricted, and it is now difficult to contact others even in “public” areas.
In such an age, artists around the world produced works using environmental sounds under the concept of “publicness.”
This project is always ongoing and changes its form, as various artists participate.
Visitors can imagine unknown things by listening to ambient sounds that actually do not exist around them.
This is an endeavor to enable visitors to listen to the sounds reverberating in the world.

Shuta Hasunuma



“Silence Park” is a new background sound of Ginza Sony Park, produced by artists around the world and Shuta Hasunuma under the theme of “publicness.”
Ginza will be filled with audio works collected from around the world while changing their forms like weaving sounds.
Please listen to them.

Ginza Sony Park
Ginza Sony Parkに世界各地の環境音がインストールされます。

COVID-19以降、人々は移動を制限され、「パブリック」な場所での接触もむずかしい中で生活しています。

そんな時代に世界各地のアーティストから、「パブリック」をコンセプトに環境音の作品を制作してもらいました。

このプロジェクトは常に進行形であり、様々なアーティストが参加することによってその形を変えていきます。

目の前には無い環境の音に耳を傾けて、未知なものに思いを馳せる。

世界の声を聞くきっかけになるような試みです。

蓮沼執太



世界中のアーティストと蓮沼執太が「パブリック」をテーマに制作する、Ginza Sony Parkの新たなバックグラウンドサウンド「Silence Park」。

世界中から、銀座の地に集められた音の作品たち。
時に音と音を紡ぐように形を変えながら、この空間を満たしていきます。

ぜひ耳を傾けてみてください。

Ginza Sony Park

Artists

Félicia Atkinson( France )

LES OMBRES / THE SHADOWS

Les Ombres is about the feeling of renunciation while being absorbed in a landscape.
What's a shadow? a memory? A hope? we don't know but we can listen to the rain or a piano melody, it might have a kind of answer in it.
「Les Ombres」(=影)とは、ある場所に身を委ね、自身を手放したときの感情を表現した作品です。
影とは、一体何でしょうか。記憶でしょうか。それとも、希望でしょうか。私たちが知る由もありませんが、雨やピアノの旋律に耳を澄ませれば、そこから答えを見出せるかもしれません。

Dear Félicia

The music you sent has a beautiful soundscape. While the world is in disarray, I’m glad to listen to your new music. Please let me know the connections, differences, and similarities between Environmental sound of your daily life and the sounds of the musical instrument (piano) you play, if any. I’m keenly interested in their relation.

Shuta
フェリシアへ

あなたが送ってくれた音楽は、美しいサウンドスケープが広がっています。世界が混迷を極めている時期に、あなたの新しい音楽を聴けて嬉しく思います。あなたの日常を取り囲んでいる環境音とあなたが奏でる楽器(ピアノ)の音の接点、違い、同じ部分があれば聞かせてください。その関係性にとても興味があります。

執太

Dear Shuta

I am currently living in an empty beach town in the west hook of Normandy in France, but when i recorded this, i was still in an artist residency in Switzerland, by the Geneva Lake. the day i recorded it was raining, so i just played the piano at my studio while looking at the rain falling over the lake.

I knew i wasn't stay there for ever and it was a way for me to record the memory and frame it , like a painting, to share with others.

I called it Les Ombres / The Shadows because of the feeling of absence and disappearance i had while recording.

all the best and thank you
Félicia
執太へ

現在私は、フランスノルマンディーの西の岬にある、人気の少ない浜辺の町に住んでいるよ。けれど、この音源を録音しているときは、スイスのレマン湖湖畔の作業場にいて。収録をしていた日は雨が降っていたから、湖に降り注ぐ雨を見ながらスタジオでピアノを弾いてたの。
まるで絵画のようなレマン湖での思い出を書き留め、形にすることで、他の人に聴いてもらえるようになるから、今は作業場に籠りっぱなし。もちろん、ずっとここにいるわけじゃないけどね。
収録中に感じた空虚さや虚しさを表現したかったから、作品名は「Les Ombres/The Shadows」にしたよ。

体には気をつけて
フェリシア・アトキンソン

Félicia Atkinsonフェリシア・アトキンソンFélicia AtkinsonPhotoFélicia AtkinsonFélicia Atkinson is a French musician and artist.
Her latests albums are Everything Evaporate (2020), The Flower and the Vessel (2019), Hand in Hand (2017), Limpid as a The Solitudes (2018) and Comme Un Seul Narcisse (w/ Jefre Cantu Ledesma) (2016) and A Readymade Ceremony (2015), all on Shelter Press.Her musical work is published by Mute Song. 
フェリシア・アトキンソンFélicia Atkinsonフランスの音楽家、アーティスト。最新のアルバムに『Everything Evaporate』 (2020)、『The Flower and the Vessel』 (2019)、『Hand in Hand』(2017)、Limpid as a The Solitudes』 (2018)、ジェフリー・キャントゥ=レデスマ氏との共作である『Comme Un Seul Narcisse』 (2016)、『A Readymade Ceremony』 (2015)がある。これらのアルバムは全て〈Shelter Press〉からリリース、アートワークは〈Mute Song〉から発表している。

https://feliciaatkinson.com

Marika Constantino( Philippines )

When Venturing Out Is Out Of The Ordinary

Ever since the pandemic hit us and there were imposed lock downs,hence,I try to leave my house quite sparingly; mainly to do essential stuff.I scheduled my recordings during one of my forays out of the comforts of my home. Due to these extraordinary conditions, I consider all areas outside my main door as public spaces already. However, during the day that I was supposed to do my errands, it rained quite hard (it's rainy season here) so I had to cancel my plans. Interestingly, due to the showers, the frogs became quite active so I recorded a short snippet of it.It was fortunate that the day I rescheduled my trip, the sun was shining brightly. I recorded the whole trip from the moment I stepped out of my home. It began with my walk from my house to the area where I hail public transport. I rode the tricycle which is the main form of public transport here to the bank.From the bank I had to walk to the mall where I bought some blankets. Once I was able to get what I needed, I proceeded to do my groceries. Hopefully, these will sustain me until the next venture/adventure/misadventure.新型コロナウィルスのパンデミックによってロックダウンが課され、外出は必要最小限にしています。そこで、家という守られた空間から出た短い旅路を、フィールドレコーディングしようと計画を立てました(このような特殊な状況下において、玄関より一歩でも先の場所はすべて、パブリックスペースだと思っています)。しかし、その日は終日大雨(その頃、フィリピンは雨季でした)だったために、計画をキャンセルせざるを得ませんでした。面白いことに、外を見ると、雨に打たれたカエル達がとても活発に鳴いていました。なので、そのほんの一部を録音しました。改めてレコーディングを予定した日は、幸運なことに、雨季であったにも関わらずよく晴れ、太陽の光が降り注いでいました。そのため、私は家を出た瞬間から、一日のすべての道のりでフィールドレコーディングを決行したのです。まず、家を出てからフィリピンで一般的な公共交通機関であるトライシクルに乗った場所まで歩いた時の音を録音しました。次にトライシクルに乗っている時の音を録音し、さらに銀行までの道のりの音も録音しました。また、銀行からショッピングモールへ向かう際の音や、モールでブランケットを買う時の音も録音しました。そして目当てのものを買った後に食料品店に行く時の音も録音しました。私がまた冒険に出られるようになるまでの間、これらの音源で楽しみ続けられますように。

Dear Marika,

Thank you for sending me the sounds that remind me of daily life! You wrote, “I consider all areas outside my main door as public spaces already.” Listening to the sounds you sent, I felt your intention to redefine the changes in the “public,” the “private,” and ideal boundaries between them. Since the outbreak of the COVID-19 pandemic, we have considered that it is necessary to change our ways of living drastically. Have you experienced any changes in listening to the sounds of your daily life?

Shuta
マリカへ

日常を感じさせる音を送ってくれてありがとう!「I consider all areas outside my main door as public spaces already.」という文を書いてくれました。あなたから届いた音は「Public」と「Private」の変化、その境界のあり方を捉え直すような意思を感じました。COVID-19のパンデミック以降、僕たちは根本的な生き方の見直しが必要だと感じています。日常の音を聴くことの変化などはありましたか?

執太

Dear Shuta,

Thanks for your feedback. Indeed, due to the pandemic there have been sweeping changes in what we considered normal, ordinary, and routine. Part of this was my own redefinition of the public and private and as you mentioned, the boundaries that we set. While the isolation (whether government initiated or self-imposed) instilled much anxiety, it also renewed my own appreciation of the mundane. The sights and sounds that were once disregarded created a different impression. That was part of the reason why I recorded these. Pre-pandemic, these simple errands would have been done flippantly. But going through these once commonplace activities, what I discovered was that in the course of being in the moment, we can see and hear our lives as it unfolds with each second.

The time to be present and to consciously value with much interest the banal has been a gratifying experience.

Best, Marika
執太へ

感想を教えてくれてありがとう。実際、パンデミックが起こって以来、当たり前だと思っていたことが大きく変わってきていますね。あなたも言ってくれたとおり、この作品を通じて、私自身の「Public」と「Private」の境界について改めて考えてみたよ。(政府が定めたことであれ、自分で課したことであれ)自宅待機の時間が続くととても不安な気持ちになるけれど、それと同時に、日常のありふれた物事に対するものの見方が変わった。これまでは見向きもしなかった光景や音に対して、今までとはまったく違う印象を受けるようになったの。これらの音を録音したのはそういう理由。パンデミックが起こる前は、私が録音したような日常のありふれた行為って特に意識することなく行っていたよね。だけど、今回のフィールドレコーディングを通じて、これまで気がつかなかった毎秒ごとに起きている「日常」を見たり聞いたりすることが出来るようになるということに気がついたの。

意識してみると、いつもの何気ない日常の中に興味深い物事が存在していることに気がついて、退屈な日々が満たされるようになった。良い経験になったよ。

マリカ・コンスタンティーノ

Marika Constantinoマリカ・コンスタンティーノMarika ConstantinoPhotoMarika ConstantinoArtist / Director of KANTINA
Marika Constantino is an artist who has participated in significant exhibitions in the Philippines and abroad. As an extension of her art practice, she works as an independent curator and researcher. She is also a freelance writer who has contributed to a number of globally distributed publications. Her early exposure to art and her boundless fascination for the creative process resulted to a degree from the UP College of Architecture to further studies at the UP College of Fine Arts, with Art History as her major. Constantino is continually striving to strike the balance between the cerebral, conceptual and experiential aspects of art with life in general, thus, fueling her fervent passion for artistic endeavors. In 2017, she was selected to be one of the Global Cultural Fellows of the Institute of International Cultural Relations at the University of Edinburgh, United Kingdom. On that same year she was supported by the British Council, Manila to participate in a cultural leadership program at the Kings College in London, United Kingdom. Aside from her individual art practice, she co-directed the programs and activities of 98B COLLABoratory (2012-2018), curated and coordinated the undertakings of the First United Building Community Museum in Escolta, Manila (2015-2018) and curated the Destileria Limtuaco Museum in Intramuros, Manila. For 2018-2019 she was awarded the New York Fellowship from the Asian Cultural Council. In February 2020, Constantino founded KANTINA, an art space for co-learning and co-creation in the Western Visayas region. She is currently based in both Manila and Roxas City, Capiz in the Philippines.
マリカ・コンスタンティーノMarika Constantinoアーティスト/KANTINAディレクター
フィリピン内外の主要な展覧会に参加。キュレーター及びリサーチャーとしても活動しており、また世界各国の出版物に多数寄稿しているフリーランスのライターでもある。長年の芸術活動と創作活動に対する溢れんばかりの好奇心により、ザ・フィリピン・カレッジ・オブ・アーキテクチャー大学で学位を得た後、UPカレッジ・オブ・ファイン・アーツでは美術史を専攻し、さらに学識を深めた。彼女は人生のあらゆる場面で、芸術が持つ知性的、概念的、経験的な側面のバランスを保ちながら、意欲的に活動を続けている。2017年、英国エディンバラ大学の国際文化研究所による「グローバル・カルチャラル・フェロー」に選出され、同年、マニラにあるブリティッシュ・カウンシルによる支援の下、英国キングス・カレッジ・ロンドンの文化リーダーシッププログラムに参画。個人の芸術活動のほか、2012年から2018年に開催された98B COLLABoratoryの活動にて共同監督を務めた。また2015年から2018年には、マニラのエスコルタにあるファースト・ユナイテッド・ビルディング・コミュニティ・ミュージアムの事業を取りまとめ、同じくマニラのイントラムロスにあるDestileria Limtuaco Museumの監督も務めた。続く2018年から2019年には、アジアン・カルチュラル・カウンシルのニューヨーク・フェローシップに選出され、翌年2020年2月には、西ビサヤ地方に知識と創作活動を共有するためのアートスペース「KANTINA」を創立。そして現在は、フィリピンのマニラとカピスの首都ロハスにて活動を続けている。

Shuta Hasunuma( Tokyo / New York )

Stony Point

On October 12, 2017, I traveled to the forest in Stony Point, New York, where the American composer John Cage lived from 1954. Cage resided there with his fellow artists like in a commune, while harvesting mushrooms as he was also known as a mushroom researcher. I visited the house in which Cage actually lived. Then, I recorded the sounds of the commune and the sounds of the forest where he harvested mushrooms (I also tried harvesting mushrooms there). I wish to listen to the voice of that forest frequented by Cage.2017年10月12日、ニューヨーク州ストーニーポイントの森へ行ってきました。ここは、1954年からアメリカの作曲家ジョン・ケージが住んでいた場所。当時、ケージは友人のアーティストとコミューンのように集まって暮らし、またマッシュルームの研究家としても知られる彼はここで収穫もしていました。僕は実際にケージが住んでいた家を訪ね、そのコミューンの音やキノコ狩りをしていたという森の音をレコーディングしました(キノコ狩りもしてきました)。ケージが日々通っていたこの森の声を聞いてみたい。

Shuta Hasunuma蓮沼執太Shuta HasunumaPhotoShuta HasunumaBorn in 1983 in Tokyo, Japan, Hasunuma is a versatile composer and artist, creating music for films, theatre, dance, and sound work with a focus on environmental and electronic sounds and has played concerts in and outside of Japan with his Shuta Hasunuma Philharmonic Orchestra. He also carried out projects in which he applied the method of composition in other forms of expression, such as sculpture, film, and installation, and presented in exhibitions. His work extends internationally; in 2013, he took part in a residency program in New York, supported by Asian Cultural Council, and was appointed as the Japan Cultural Envoy by the Agency for Cultural Affairs in 2017. His solo exhibitions include “Compositions” (Pioneer Works, New York, 2018) , “  ~ ing” (Shiseido Gallery, Tokyo, 2018) and “OTHER ‘Someone’s public and private / Something’s public and private’” (void+, Tokyo, 2020). He recently released “FULLPHONY” (2020) and “Oa” (Northern Spy Records, New York, 2019). He received the new face award of Minister of Education Award for Fine Arts in 2018.蓮沼執太Shuta Hasunuma音楽家、アーティスト。1983年東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作。また「作曲」という手法を応用し物質的な表現を用いて、展覧会やプロジェクトを行う。2013年アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のグランティとしてニューヨークに渡り、2017年文化庁東アジア文化交流使として中国に滞在制作を行う。主な個展に『Compositions』(ニューヨーク・Pioneer Works 2018)、『 ~ ing』(東京・資生堂ギャラリー 2018)、『OTHER ‘Someone’s public and private / Something’s public and private』 (東京・void+、2020)。2019年に『Oa』 (Northern Spy Records, New York)をリリースし、最新アルバムに蓮沼執太フルフィル『FULLPHONY』(2020)。第69回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。⁠

http://www.shutahasunuma.com

Francisco López( Spain )

Hyper-Rainforest
(edited stereo version 2020)

‘Hyper-Rainforest’ is a non-representational immersive sound work created from original environmental recordings carried out by the artist, along with an extensive and intensive experience of profound field listening, during a twenty-year period in tropical, sub-tropical and cold rainforests all over the world: Argentina, Australia, Brazil, China, Costa Rica, Cuba, Gambia, Mexico, Myanmar (Burma), New Zealand, Paraguay, Peru, Japan, Senegal, South Africa, USA, and Venezuela.

‘Behind every image, something has disappeared. And that is the source of its fascination. Behind virtual reality in all its forms [...] the real has disappeared. And that is what fascinates everyone. According to the official version, we worship the real and the reality principle, but -and this is the source of the current suspense- is it, in fact, the real we worship, or its disappearance?’
[Jean Baudrillard – ‘Why hasn’t everything already disappeared?’]
「Hyper-Rainforest」は、録音した環境音を集めて制作し、まるでその場所に自分がいるかのような没入感を味わうことができる音楽作品です。アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、コスタリカ、キューバ、ガンビア、メキシコ、ミャンマー(ブルマ)、ニュージーランド、パラグアイ、ペルー、日本、セネガル、南アフリカ、アメリカ合衆国、ベネズエラなど、世界中の熱帯雨林・亜熱帯雨林・寒帯雨林において20年ものあいだ続けてきたストイックな聴音経験がひとつにまとまっています。

「あらゆるイメージの背後で、何かが消えている。そのことが、その魅力の源である。あらゆる形の仮想現実も、その背後では現実の何かが消えている。そのことが皆を魅了する。公式な解釈によると、私達は本物と現実主義を賛美しているが、そのことが現在のあやふやな状態の原因である。実際、それは私達が賛美している現実なのか、それともその消滅なのか?」
[ジャン・ボードリヤール 著『なぜ全ては消滅していないのか?』]

Dear Francisco,

We can’t move around the world. Has your work of field recording changed after COVID-19 pandemic? In this kind of situation, do you have any ideas for your activities? When the Japanese government has issued emergency declaration, I recorded sounds in Shibuya, Tokyo. There were too many noises around the sound of advertisements. I was very discouraged about city soundscape in Shibuya.

Shuta
フランシスコへ

こんにちは。 コロナ禍以降、まったく移動が出来なくなってしまったね。フィールドレコーディングにおいて何か変化はあった?こんな時期だからこそ考えているアイデアとかあったりするの?僕は緊急事態宣言後に渋谷の音をレコーディングに行ってきたのだけど、広告の音が爆音で鳴り響いていてガッカリしたよ。

執太

Dear Shuta,

- We can’t move around the world. Has your work of field recording changed after COVID-19 pandemic?

Of course. I have been traveling around the world my entire life. This is an essential part of my artistic practice, as my work is primarily based on what I call ‘field listening’ (a post-media non-representational practice of profound listening in the field), as well as original environmental recordings for my ‘sonogenic composition’ (a creative approach in which sound itself suggests and leads the compositional decisions, structure and nature).

- In this kind of situation, do you have any ideas for your activities?

I am currently doing a lot of studio compositional work. Composing is my passion, and so this is fantastic, but for me it also fundamentally requires the ‘field experience’ part, which cannot be replaced by any form of virtuality or representation.

With best regards,

Francisco.
執太へ

「コロナ禍以降、まったく移動が出来なくなってしまったね。フィールドレコーディングにおいて何か変化はあった?」

もちろん、僕の活動は変わったよ。これまではずっと世界中を旅してきた。主に僕の作品って、自分で「フィールド・リスニング」(現地のメディアを超えた非具象的な深い聞き取り)と呼んでいる聴音作業と「ソノジェニック作曲」(音そのものから、曲の構造や雰囲気を感じ取り、創作していく作曲法)で出来ているんだ。そして曲の音源は、世界各地に行って実際にレコーディングした環境音を使っている。だから旅をすることは、僕の活動にとってかなり重要なことなんだ。

「こんな時期だからこそ考えているアイデアはある?」

今はスタジオでの作曲活動に励んでいるよ。作曲すること自体が僕の情熱だから、活動を続けられているのは素晴らしいことなんだ。でも、やっぱり僕にとって「現場での体験」はどうしても必要なもので、どんな仮想現実や表現にも代えられないものなんだよね。

どうぞ、よろしく。

フランシスコ

Francisco Lópezフランシスコ・ロペスFrancisco LópezPhotoFrancisco LópezFrancisco López is internationally recognized as one of the main figures of the audio art and experimental music scenes. For forty years he has developed an astonishing sonic universe, absolutely personal and iconoclastic, based on a profound listening of the world. Destroying boundaries between industrial sounds and wilderness sound environments, shifting with passion from the limits of perception to the most dreadful abyss of sonic power, proposing a blind, profound and transcendental listening, freed from the imperatives of knowledge and open to sensory and spiritual expansion. He has realized hundreds of concerts, projects with field recordings, workshops and sound installations in over seventy countries of the six continents. His extensive catalog of sound pieces -with live and studio collaborations with hundreds of international artists- has been released by over 400 record labels / publishers worldwide. Among other prizes, López has been awarded five times with honorary mentions at the competition of Ars Electronica Festival and is the recipient of a Qwartz Award for best sound anthology.フランシスコ・ロペスFrancisco Lópezサウンド・アートおよび実験音楽の業界において、世界的に評価されている音楽家の一人。世界の深層を探りながら、日常の「当たり前」を無くすような音楽作品を、40年もの間たった一人で制作。人工的に作られた音と、自然の中で聴取された環境音の二つをボーダレスに扱うことで、人間が知覚できる領域を超えた「音の深淵」をテーマに音楽制作を行う。既知の規範を超えた型破りな作品は、聴く人の感覚や精神を解放させ、没入感と奥深さのある音楽体験を与える。これまで6大陸、70を超える国々において、レコーディング、ワークショップ、サウンドインスタレーションプロジェクトなどを行い、そして数百を超える世界中のアーティストと共に音楽ライブを実施。これまで制作してきた実に広範囲でジャンルレスな音楽作品は、現在、世界中の400を超えるレーベルや出版社からリリースされている。また世界中で数多くの賞を受賞してきており、中でもオーストリアの芸術祭「アルス・エレクトロニカ」での5度の栄誉賞受賞と、最も優れた音楽作品集に贈られるクワーツ賞の受賞は、自身の名前を一層、世界に広めた。

http://www.franciscolopez.net/

Jan Jelinek( Berlin )

PublicPark

The collage gathers recordings of public places: A boat trip in Hanoi, a public cave in Sicily, the old town of Naples, streets of Manhattan, markets in Corse. All of the recordings document places where there is a high fluctuation of people. Depending on the time of day and the activity, different moods are portrayed: concentrated, resting, working and exuberant. The collage is complemented by discrete musical repetitions that have been added in my studio.「PublicPark」は、ハノイで乗ったボートの上、シチリアの洞窟の中、ナポリで歩いた古い街中、マンハッタンのメインストリート、コルスで行った市場など、さまざまな場所の環境音をレコーディングし、制作したものです。今回使用した音源は全て、人混みの多い場所で録音しました。「人々の密集」「人々の休息」「人々の労働」「人々の熱狂」など、時間によって異なる雰囲気を表現したサウンドと、スタジオで録った反復音とをコラージュし、完成させた作品です。

Dear Jan,

Thanks for your incredible sound collage. I’m pleasure you take part in this project. It was exciting you gathered some field recordings in your studio, Berlin. I think Berlin’s lockdown is not strict compared to other cities. Has your composition changed after COVID-19 pandemic? Also, do you feel anything about the situation where people can’t get together and listen to music in clubs?

Shuta
ヤンへ

どうもこんにちは!
サウンドコラージュ、めちゃカッコよかったです。
ハノイ、シチリア、ナポリ、マンハッタン、コルシカ島のフィールドレコーディングの音たちが、ベルリンにあるJanのスタジオでコラージュされていく、作曲プロセスがとても刺激的でした。ベルリンのロックダウンは他の都市と比べて緩いと思うんだけど、コロナ・パンデミック以後、あなたの曲の作り方に変化とかあった?それと、人が集まって音楽を聴くことも出来なくなってしまった現状に何か感じることってありますか?

執太

Dear Shuta,

I’m happy that you like the collage - I suppose that it transports a rather sentimental atmosphere - Probably because I put together the recordings with a regret, or rather a feeling of loss: capturing large groups of people on audio will probably not be possible anymore for a long time. In this respect I would definitively say that Covid-19 has influenced my composition. In my everyday life, however, not so much has changed: I mainly work solo in the studio - that was the case before and after Covid-19. In Berlin the restrictions of the lockdown were and are not that drastic - but the city suffers a lot from club closures. Probably more than 80% of the tourists visited the city because of its nightlife. All this is no longer available - and there are no alternatives. That is why there is now a growing scene here of young people organising illegal raves in parks - perhaps a new larger movement will emerge from this.

Jan Jelinek
執太へ

サウンドコラージュ、気に入ってもらえて嬉しいです。音楽で多くの人を感動させることは、もうしばらくの間できないと思っていたし、制作途中だったレコーディングへの心残りとか、今の僕の喪失感を表現したからエモーショナルな雰囲気のサウンドに仕上がったんだと思います。確かにCOVID-19は僕の作曲活動に大きな影響を与えました。でも、生活自体は以前とそれほど変わっていません。COVID-19の感染が拡大する前もその後も、僕は変わらずいつものスタジオで、いつもほぼ一人で働いています。ベルリンでのロックダウンでは深刻な事態は起きなかったけれど、その影響でクラブが閉店し、市は大打撃を受けました。おそらく観光客のおよそ8割以上は夜遊びを目的に訪れていましたが、その代わりになるものはありません。最近は若者が違法なレイヴパーティーを行うことが増えているので、今後はそこから新しい大きなムーブメントが起こるかもしれないと思っています。

ヤン・イェリネック

Jan Jelinekヤン・イェリネックJan JelinekPhotoPhotoJan JelinekJan Jelinek is a musician, producer and remixer. His works deal with the transformation of sounds, translating source materials from popular music into abstract, reduced textures. He began releasing his work in 1998, initially under the pseudonyms Farben and Gramm. Over the following years, he worked with artists like Sarah Morris and the German writer Thomas Meinecke, collaborated with the Japanese improvisation ensemble Computer Soup and the Australian jazz trio Triosk, and created audio-visual performances with video artist Karl Kliem. In 2008, Jelinek established the faitiche label as a platform for his own experiments, for joint projects, and for work by musician friends. The twenty releases to date include a collaboration with the vibraphonist Masayoshi Fujita and the work of fictional sound researcher Ursula Bogner, whose scores, drawings and writings have been presented and performed around the world. Since 2012, Jelinek has been writing and producing experimental radio pieces for German state broadcaster SWR that deal with fictional identities and soundscapes.ヤン・イェリネックJan Jelinek音楽家、音楽プロデューサー、リミキサー。ポピュラー音楽の音源を抽象的なサウンドへと変える「音の変換」を得意とする。1998年に「Farben and Gramm」(ファルベン・アンド・グリム)というペンネームで作品を発表したことがきっかけとなり、音楽家としてのキャリアをスタート。日本のアンビエント・ジャズ・ユニットであるコンピュータ・スープや、オーストラリアのジャズ、エレクトロニカバンドのTriosk(トリオスク)とコラボしながら、映像アーティストのカール・クリエムと共に、音声映像パフォーマンスを制作。2008年には、より実験的な試み、アーティストとの共同プロジェクト、音楽家の友人との制作活動、及び音楽家の友人との仕事に集中すべく、音楽レーベルFaiticheを設立。ヴィブラフォン奏者の藤田正嘉とのコラボ作品や、楽譜、絵画、著作物など世界で活躍の場を広げている架空音研究者のユーソラ・ボグナーとの作品など、これまで発表されたは全部で20点にも及ぶ。また2012年には、架空の存在や音景を扱うドイツ放送局SWRにて、ヤンが手がけた実験的なラジオ作品が起用され、現在も放送されている。

https://faitiche.de/blog

Credit

Curator

Shuta Hasunuma

蓮沼執太

Born in 1983 in Tokyo, Japan, Hasunuma is a versatile composer and artist, creating music for films, theatre, dance, and sound work with a focus on environmental and electronic sounds and has played concerts in and outside of Japan with his Shuta Hasunuma Philharmonic Orchestra. He also carried out projects in which he applied the method of composition in other forms of expression, such as sculpture, film, and installation, and presented in exhibitions. His work extends internationally; in 2013, he took part in a residency program in New York, supported by Asian Cultural Council, and was appointed as the Japan Cultural Envoy by the Agency for Cultural Affairs in 2017. His solo exhibitions include “Compositions” (Pioneer Works, New York, 2018) , “  ~ ing” (Shiseido Gallery, Tokyo, 2018) and “OTHER ‘Someone’s public and private / Something’s public and private’” (void+, Tokyo, 2020). He recently released “FULLPHONY” (2020) and “Oa” (Northern Spy Records, New York, 2019). He received the new face award of Minister of Education Award for Fine Arts in 2018.音楽家、アーティスト。1983年東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作。また「作曲」という手法を応用し物質的な表現を用いて、展覧会やプロジェクトを行う。2013年アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のグランティとしてニューヨークに渡り、2017年文化庁東アジア文化交流使として中国に滞在制作を行う。主な個展に『Compositions』(ニューヨーク・Pioneer Works 2018)、『 ~ ing』(東京・資生堂ギャラリー 2018)、『OTHER ‘Someone’s public and private / Something’s public and private』 (東京・void+、2020)。2019年に『Oa』 (Northern Spy Records, New York)をリリースし、最新アルバムに蓮沼執太フルフィル『FULLPHONY』(2020)。第69回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。⁠

http://www.shutahasunuma.com/

Designer

Dorothee Daehler

Dorothee Dähler is a Graphic Designer based in Zurich (CH). She graduated in 2018 from Werkplaats Typografie, a Master`s program in the Netherlands, she is specialized in visual identities and editorial design.
Next to her practice as a graphic designer she works on self-initiated projects, such as Parallel-Parallel, a collection of Graphic Design which has been cancelled or postponed due to COVID-19.
スイス・チューリッヒ在住のグラフィックデザイナー。2018年にオランダのWerkplaats Typografie(ArtEZ institute of the Arts グラフィックデザイン学科修士課程)を修了。現在は、ビジュアルアイデンティティとエディトリアルデザインを専門として活動中。また、COVID-19の影響で惜しくも制作が中止・延期となってしまった数々のグラフィックデザインを集めた「Parallel-Parallel」等の自主制作にも取り組んでいる。

https://dorotheedaehler.ch/

Other Staffs

Artist Liaison: Toshi Shibataアーティスト リエゾン:柴田とし

Access

Ginza Sony Park

Address: 5-3-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo, Japan 104-0061
Duration: April 1st 2021(Thu) -
Hours: 11:00-19:00
http://www.ginzasonypark.jp/access/

*Dates for onward are undecided.
*May not be playing on certain occasions when other events are happening.
Ginza Sony Park

住所:東京都中央区銀座5-3-1
期間:2021年4月1日(月)〜
開園時間:11:00-19:00
http://www.ginzasonypark.jp/access/

※以降の日程は未定です。
※他のイベントとの関係で休止する場合があります。