Ginza Sony Park "シーズン2"、今秋スタート

新パートナーによる実験的な3店舗が約1年間の限定オープン

「GEN GEN AN 幻」「かまパン&フレンズ ナチュラル物産館「SEAFOOL」

2020年9月10日

ソニー企業株式会社

Ginza Sony Park (銀座ソニーパーク)は、2021年秋からはじまる新Ginza Sony Parkの建設開始に向け、今秋より「シーズン2」をスタートします。

Ginza Sony Pak 今秋より「シーズン2」スタート

「変わり続ける実験的な公園」というコンセプトのもと2018年8月のオープン以来、650万人(※)を超える来園者を迎え入れてきたGinza Sony Park。これまで、年間を通して偶発的な出会いが感じられるさまざまな体験型イベントやライブなどのプログラムを実施、また、パートナーとともに個性的な店舗の展開を図ってきました。これまでの「Ginza Sony Park シーズン1」をともに構成してきた「THE CONVENI」「MIMOSA GINZA」「トラヤカフェ・あんスタンド」「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」「アヲ GINZA TOKYO」からバトンを受け取った、「GEN GEN AN 幻」「かまパン&フレンズ ナチュラル物産館」「SEAFOOL」の3店舗を迎え、「Ginza Sony Park シーズン2」を今秋2020年10月より順次スタートします。各店舗のオープン日程は後日発表します。(※ 2020年8月末時点)

「シーズン2」は、新Ginza Sony Parkの建設を前に一時閉園する2021年9月まで約1年の新たな実験の場。10月以降順次、アーティストやクリエイターとともに従来よりもアップグレードされたイベントを開始予定、さらに地上フロアは、植栽を減らし「余白」を広げた よりフラットな「都会の中の公園」に姿を変えます。そして、新パートナーとして、茶を伝えるさまざまなプロジェクトに取り組む「GEN GEN AN 幻」、地産地食を合言葉としたフードハブ・プロジェクトによる「かまパン&フレンズ ナチュラル物産館」、若者に人気のPIZZA SLICEチームによる新業態の店舗「SEAFOOL」が順次オープン。パブリックとプライベートが混在する空間の中で、来園者に楽しんでいただける仕掛けづくりにチャレンジします。

新型コロナウィルスCOVID-19の感染拡大以降、移動が制限され、人々の価値観や世の中に変化が生まれるなか、「シーズン2」では、リアルの「場」に加えてオンラインにも「場」を広げてまいります。オープン以来、偶発的な音楽との出会いをリアルの場で提供してきた「Park Live」は、4月末からその場をオンラインに移し、すでに29組のアーティストのライブ配信を開催しています。他のイベントに関しても、オンラインでもGinza Sony Parkを感じていただけるよう展開していきます。

Ginza Sony Parkは、新たな生活様式や新たな時代を見据え、これからも「変わり続ける実験的な公園」としてクリエイターやアーティストたちとともに、新たな出会いや発想、コミュニケーションを生み出す場を創り続けます。来年秋から始まる新Ginza Sony Parkの建設を前に、1年間限定の「Ginza Sony Park シーズン2」を是非お楽しみください。

新規オープン予定の飲食店

新たにオープンする店舗は、いずれもTO GO (お持ち帰り) に対応。園内各所や職場・ご自宅などでお楽しみいただけます。オープン日程は後日発表いたします。

「菓子と茶」をテーマにした茶葉店『GEN GEN AN 幻』

「茶を伝える」をミッションに様々なプロジェクトに取り組んでいる「GEN GEN AN 幻」は、2017年に渋谷で「音と茶」をテーマにした茶葉屋をオープン。今回スタートするGinza Sony Parkでは、「菓子と茶」をテーマに新しい試みを行います。世界中の人々に、かつてなく速く、隙間なく流れていく時間を生きる人々に、「間」を体験してほしい。そう考えて茶葉の製造から一貫して行い提供する様々なドリンクと、ここでしか味わえない新作の菓子をご提供します。

GEN GEN AN 幻 https://en-tea.com/pages/gengenan

(Instagram) https://www.instagram.com/gen2an/

GEN GEN AN 幻

全国の小さなつくり手が集う『かまパン&フレンズ ナチュラル物産館

「地産地食」を合言葉に徳島県神山町で農業・料理店・パン、食品店を営むフードハブ・プロジェクト(※)が、銀座の真ん中で「友産友食|友と育て、友と食べる」をモットーに、食べる人もつくる人も元気にする"産直"物産館をオープン。全国のつくり手たちから届く、日常に根ざした美味しいパンや無添加食料品などがつどい、かまパンのパーカーバンズに各地の名産品をはさんで食べる産直コンボサンドイッチ、牧場から届く無添加ソフトクリームなどを提供します。「食べる」を真ん中につくり手の「安心」と食べ手の「安心」をしっかりとつないでいきます。

  • 2018年度グッドデザイン金賞受賞

Food Hub Project http://foodhub.co.jp/

かまパン&フレンズ ナチュラル物産館

シーフードスタンド『SEAFOOL』

若者に人気のNYスタイルピザショップPIZZA SLICEのチームが1年だけの新業態をオープン。国内では珍しい、シーフードをカジュアルに食べられるファストフード型のお店です。メニューにはフライドカラマリや、フィッシュバーガーなどの商品をラインナップ。フードプロデュースは100%国産とうもろこしトルティーヤを使ったタコスが話題のKITADE TACOSから北出茂雄が参加。銀座で働く人達も気軽に立ち寄れるような、シーフードスタンドです。

SEAFOOL

10月以降も引き続き営業する店舗

昼から夜までコーヒーとワインを主役に飲めるスタンド『ÉCRU. GINZA』

福岡・天神のコーヒーとワインの店「ÉCRU.」がGinza Sony Parkとコラボレーションして出店した『ÉCRU. GINZA』は、今回のリニューアル工事中も引き続き営業します。銀座の真ん中で風を感じながら、ワインやコーヒーを片手に楽しめる場所です。店内で焼き上げたスイーツや、オリジナルモクテル(ノンアルコールカクテル)もご用意しております。通勤途中のひとときや、仕事や買い物中のリフレッシュ、食事前後の一杯など、銀座の街中でそれぞれの時間を過ごす人々にとって気軽に立ち寄れる場所になることを願っています。

ÉCRU. GINZA (Instagram) https://www.instagram.com/ecru_ginza/

ÉCRU. GINZA

「シーズン2」開始スケジュール

  • 現パートナーによる「トラヤカフェ・あんスタンド銀座店」は2020年9月29日(火)、「アヲ GINZA TOKYO」「THE CONVENI (GINZA SONY PARK)」「MIMOSA GINZA (当面臨時休業中)」は2020年9月30日(水)をもって営業終了となります。「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」は8月31日(月)をもって営業終了しました。
  • 「アヲ GINZA TOKYO」の営業終了に伴い、地上フロアにある鉢植えされた全ての植栽は、万全な養生を施し、日本緑化企画株式会社関連の農園に移されます。
  • 地上フロアの「ÉCRU. GINZA」「TOKYO FM|Ginza Sony Park Studio (当面中継は休止中)」は引き続き、営業します。
スケジュール図